舞台芸術創造機関SAIよりお知らせです。

2019年の製作・上演した「栃木でつくる演劇WIP版イト2019」を期間限定で一般公開いたします。
経緯・詳細について、「イト2019」プロジェクトリーダーである常盤美妃から皆様にコメントがあります。



この度「イト2019」の上演動画を
期間限定で一般公開することにいたしました。

1年前に3.11への想いをのせて敢行した
クラウドファンディングを伴う常盤の初主催企画、イト2019プロジェクト。

もうすぐ迎える“あの日”に向けて、
今年も何らかの形でこの作品を届けられたらと思考していました。

その中で起きたコロナ騒動。

公演やイベントの中止、テーマパークの営業自粛など、
こどもたちは突然の春休みに突入し、
思い出すのはやっぱりあの日の自分の記憶で、
思わず今の状況のこどもたちと重ねてしまいました。

居場所を奪われた感覚になって苦しんでいる子はいないか
いつ終息するかわからない出来事に疲れている子はいないか。
理由もわからないけれど、なんとなく哀しくなったり
なんとなく辛くなったりしている子はいないか。

でも、こういった感情って、こどもたちだけではないと思います。

仕事や趣味嗜好に大きな変化があった大人の方も多かったと思います。

こういった想いをもとに考えた結果、
このプロジェクトで多くの方から頂いた勇気や支援、
そうして生まれた「イト2019」という作品を、
今こそ“誰かのために”使わせていただきたいと、決断しました。

企画のテーマに掲げた

「あの日の出来事を忘れないでほしい」

「栃木の演劇界を豊かにしたい」

という想いも、

今回の決断に至った想いも、
常に「誰かのために」という想いが根底にありました。

そして人との繋がりを描いているこの作品は、
この「誰かのために」という非常に烏滸がましい私の想いを、
素直に、静かに、また届けてくれると感じています。

「イト2019」はこちらからご覧いただけます。
https://youtu.be/SmSMH2YQzxo

※2020年3月の限定公開予定
※作品内容が結構ヘビーです。辛くなったら視聴を中断してください。

 

クラウドファンディングにて支援してくださった方
公演に足を運んでくださった方
DVDを購入してくださった方
実際に出資をしてこのプロジェクトを応援し、見守り、
味わってくださった方も多くいらっしゃいます。
この場をお借りして改めて感謝申し上げます。

2019年には考えもしなかった2020年の私の我儘が、
今を生きる誰かの支えや、気分転換や、
2011年あの日への想いを抱えて生きる
誰かの
チカラになれますことを願って。

騒動後に公演やイベントの自粛/実施をされました
演劇関係様、アーティスト様、全ての方の決断を尊重して。

今の私にできることとして。

この作品を、贈ります。

一連の騒動が、1日も早く収束することを祈って。

舞台芸術創造機関SAI
常盤美妃