2018年からスタートしたコミュニティサロン「SAI BAR」
お陰様でOPENからも、移動からも一年が経過しました。

 

舞台演劇における「観客」と「演者」という明確な区分を取り払い、あくまでオープンフラットな空間を目指し、一緒に楽しめるイベントをつくっていくのがコンセプトでここまで継続してきました。

SAIの創造する作品世界や舞台のイメージから離れて、メンバーのパーソナリティーに寄せた空間であるSAI BARは、舞台を観てから訪れた人にはとても驚きがあるようです。

“舞台のイメージを損なう”とか“演劇をやっている人にとってはマイナスだ。舞台だけやっていろ”というような意見も頂戴することがありますが、SAIが目指す空間は「共有」を前提にした空間です。
演劇では「物語」を共有し、伝えるわけですが、SAI BARではその共有のベースが「趣味・嗜好」になるわけです。
メンバーそれぞれの好きなものを通じ同じ時間・空間を楽しんでいただくことを目的としている場所なのです。

今後もその方向性は守りつつも、現在月に数回のイベント開催になっている側面を踏まえて、9月からはより催事感の強いスタイルへと変更していきます。


(舞台のイメージ)


(SAI BARのイメージ)

・・・あんまり変わらないかもしれんな・・・?!

 

9/1(日)は好評の『スナックときわ』です。
これはメンバー常盤美妃が“スナックをやってみたい”というところからはじまった企画で、カラオケあったりまったり空間だったりで、想像以上にスナックしてます。

 

9/7(土)は麻宮チヒロ企画のフリーマーケット『闇市円盤会』です。
この日は倉垣がライヴ出演中なのですが、同日にあえて開催しようという試みです。DJとしても活動して麻宮ならではのCDチョイスは必見です。他にもフリマ出展があるので一日遊べる空間ですよ。

翌日の9/8(日)は三國谷花と常盤美妃を中心にしたイベントデーとなります。こちらは現在打ち合わせ中・・・!!!

 

そして9/17(火)は「通常営業」というイベントです!!・・・どういうことだ。いやほんとに何もせずのんびりする予定の日です。今月はSAIの周年でも9/23よりはじまるイベントのこともありますので、今月のSAI BARは前半に集中している感じなのですね。

 

SAI BAR自体は自由度が高いので、詳細などについてはツイッターをチェックしていただくか、SAIの公式LINEがおすすめです。(文:倉垣吉宏)

SAI BARについてはこちらのページをどうぞ。

友だち追加