栃木で演劇をつくるプロジェクト
2年振りの再演と再生となる舞台演劇

2015年に開催したツアー公演『BORDERS』栃木公演の
上演/直前のWS開催をはじめ
りくろあれ×idenshi195との3団体合同WSの開催や、
うつのみや春の演劇フェスティバル2017への参加、
ツアー公演 幻想音楽劇『贋作マッチ売りの少女』栃木公演など
様々な形で栃木と関わってきました。
その中で、栃木の演劇ジャンルの豊かさや俳優の素直さを感じる反面、
指導者不足から技術継承が難しい現状にあると感じ、
今回のワークインプログレス(WIP)企画が立ち上がりました。
上演作品『イト』に込められたメッセージを伝える為に、
都内の俳優と、栃木の俳優が、交流しながら、共に作品を創り、
そこから技術獲得もしてほしいと願っています。

プロジェクトリーダー 常盤美妃


 

■上演作品『イト』あらすじ&解説
2011年5月に初演。
2014年は東京/大阪それぞれの土地の俳優で上演。
うつのみや春の演劇祭2017参加の栃木版では数度のワークショップからキャストを選び上演。
台本を持ったまま演技する独特の演出が最大の特徴。

2038年1月19日3時14分7秒・・・「世界が静止する日」
“記憶の海”との融合により世界中の電気通信機器の機能が停止し
人々の生活は激変を余儀なくされた・・・はずの世界。
朝の目覚め
少年ヒカル
高校三年生
彼が見た景色は これまで自分の知っていた世界とは異なっていた
「おはよう。学校に行く時間だよ?」
微笑みかける少女セカイ
何もかもが昨日までと違う・・・
タブレットに表示された時間
日付は2038年1月18日
朝のニュースでは数時間後に迫った
太陽爆発の余波が懸念されていた

 

■WSの内容
台本を携帯したまま演技する演出を取り入れた作品『イト』。
この作品のWS稽古を行い、最終的に上演を行います。
身体表現/言語表現を駆使した作品創りになります。
その中で技術獲得をしたり、他のプレイヤーと交流をしたり、
参加者の今後の活動に繋がるような何かを持って帰っていただけるような 時間を共有します。
【ゲスト出演】大島朋恵(りくろあれ) こもだまり(昭和精吾事務所)

 

■応募受付期間
2018年 10月20日(土) 10:00 ~ 11月21日(水) 23:59迄

 

■開催日時と内容
2018年 3月8日(金)~10日(日)
  8(金) WS稽古 13:00~16:30/18:00~21:30
  9(土) WS稽古 13:00~16:30/18:00~21:30
10(日) 準備/上演 9:00~20:00
※作品の上演時間は約60分を予定

 

■募集人数
最大で10名

※応募者多数の場合、ワークショップにて決めさせていただきます。  
ワークショップは12月中に栃木県宇都宮市内で行います。日程詳細こちら。

 

■会場
【上演】 南宇都宮 悠日
〒320-0838栃木県宇都宮市吉野町1-7-10
東武宇都宮線「南宇都宮駅」より徒歩1分
【WS】栃木県宇都宮市内(応募者に別途ご案内)

 

■参加費
【WS公演】 参加費:10,000円
・原則全コマのWS稽古にご参加いただきますが、コマ欠席も可能です。
・欠席するコマがある場合、事前にお知らせください。
※10(日)の公演出演は必須

【見学】 見学費:5,000円
・8(金)/9(土)のWSを何コマでも見学可能
・10(日)の公演観劇料を含みます

【観劇】 観劇料:2,000円
・本番のみの観劇が可能
※観劇チケットは、12月1日(土)より受付開始。

 

■応募条件
・16才以上の心身共に健康な方
・舞台演劇に関わっている方
・栃木県外の方も応募可能
・事務所や劇団に所属している方は所属先の承諾を得た上でご参加ください
※参加者以外は上記の条件を問いません

 

■応募方法
ページ下記にあります応募フォーム、またはメールよりご応募ください。
メール ⇒ sai@kuragaki.main.jp

メールの方は下記内容を記載してください。
件名:2019年3月SAI栃木イトWIP参加希望
◇名前(ふりがな)
◇生年月日(年齢)
◇日中連絡のつく電話番号
◇メールアドレス(PCアドレス推奨)
◇希望内容:体験時間/濃厚時間/見学
◇舞台・ダンス・音楽・レイヤー経験等パフォーマンス
及びそれに準ずる経験があれば、ジャンルや過去の実績など
◇ワークショップの参加志望動機
◇画像添付(顔が分かる写真)


■プロジェクトリーダー
常盤美妃
舞台芸術創造機関SAIの広報担当/俳優。
ラジオパーソナリティーやイベントMCとして栃木/東京と活動する一方で、
少年性と小女性を併せ持った性別に捉われない演技をする俳優としても活躍。
幻想音楽劇「贋作マッチ売りの少女」で情熱の画家ヴァン・ゴッホ
野外劇「ROMANTIC+GROTESQUE」でアイドル・ナナホシを演じた。
朗読公演の開催や「MY LAST TOKIWARDS」でのラジオ配信も行っている。

 

■演出
倉垣吉宏
舞台芸術創造機関SAIの全公演の劇作・演出を担当。
俳優の身体感覚と精神/感性の結びつきに深く切りこんだ独自の
劇言語を用いたミニマルな手法と音楽的解釈で構築された台詞術とを
組み合わせた「過剰と抽象」という演出法を用い様々な作品を手掛ける。

【演出作品】
寺山修司没後30年企画公演「SHUJI TERAYAMA#13」
オスカー・ワイルド「朗読劇SALOME」
つかこうへい「熱海殺人事件-サイコパス-」 
チャールズ・マロウイッツ「ハムレット・アダプテーション」 他、
舞台芸術創造機関SAIのほぼ全作品を手掛ける。

 

■舞台芸術創造機関SAIとは
2004年結成。劇作家・演出家・俳優の倉垣吉宏を中心に、ごく少数のスタッフと俳優で活動。
現実と虚構の中間的な世界観を基盤にした、境界線に縛られない自由度の高い作品を特徴とする。

-近年の活動-
2018年9月 江古田兎亭B2アトリエサード・プレイズ 「卒塔婆小町」
2018年7月 南千住gekidanU野外劇場「ROMANTIC+GROTESQUE」
2017年11月 南宇都宮 悠日 「贋作マッチ売りの少女」栃木公演
2017年7月 江古田兎亭&アトリエサード・プレイズ 「48時間の密空間演劇市-シアトロン-」
2016年8-9月 高田馬場RABINEST 「新約熱海殺人事件」
2015年8月 南宇都宮be-off 「BORDERS-栃木公演」
2014年11月 大阪AManTo天然芸術研究所 「イト-変異する演劇」

【応募フォーム】

氏名

よみがな

生年月日

年齢

日中連絡のつく電話番号

メールアドレス(PCアドレス推奨)

受講内容:参加/見学

舞台・ダンス・音楽・レイヤー経験等パフォーマンス及びそれに準ずる経験があれば、ジャンルや過去の実績など

ワークショップの参加志望動機

顔写真※5MB以内でJPGのみ。御注意下さい。