弔EXPOに初参戦
パンク演劇と呼ばれたSAI初期のマスターピースが
11年の時を経て「野外劇」として復活。

「ROMANTIC+GROTESQUE」は2007年にSAI初の路上ロングラン公演で登場した作品。
活動初期の荒々しい作風、センセーショナルなテーマ、個性的なキャラクターが活躍し、現在の作風の基盤となった作品。
今作は2012年に再演・再構築した劇場版ではなく、脚本・構成の異なる初演・路上版を基に再演。
個性的なキャラクターたちによるショー形式の物語をお届けします。

2012年版の詳細はこちら→http://stageguide.kuragaki-sai.com/guide/back-number/romanticgrotesque/

【物語】

真夏の陽炎が消え月の光が差す頃
巨大墓地ニュクスには、悪魔-マレブランケたちが集まってくる。

ニュクスとは人間世界と地獄の狭間。そこには救いなき魂が集い、罪なき罪の苦しみから逃れるため、衝動的且つ残酷で快楽のみを求めた宴が繰り広げられる。マレブランケとは罪なき罪を抱えたかつて人であったものたちのこと。彼らは再生を望むも決して再生することのない迷える魂そのものであった。

そして今宵も喧騒に誘われ
新たに訪れた救いなき魂・・・
行き場のない彼の魂を弄ぶ
夜を徹して狂い踊る悪魔たち。

この虚構はどこまでが虚構なのか??
そして宴の最後に、救われる魂とは・・・??

【脚本】
倉垣吉宏
【演出】
SAI
【音楽】
Cuu-

【出演】
鋤柄拓也
倉垣吉宏(舞台芸術創造機関SAI)
常盤美妃(舞台芸術創造機関SAI)
小林機械
小林夢二(少年王者舘)
小堀佳恵
三國谷花(PATCH-WORKS)
and more・・・

 

【日時】
2018年7月27日~29日

全日程共通
18:30 OPEN / 19:00 START

※上演時間は約60分予定。
※開場&受付は30分前。

【会場】
南千住gekidanU野外劇場/屋内劇場
〒116-0003 東京都荒川区南千住5丁目25−6
会場への案内はこちら→http://gekidanu.com/theatre

 

【チケット】
SAI限定前売券(オリジナルデザイン)通販&SAIBARにて発売中。
※弔EXPO’18ではチケットが3種類あります。
前売券は下記
の内ご希望の券種をクリックしてください。

野外公演1演目券 2,000円
野外1日通し(2演目)券 3,000円
野外公演3演目セット券 4,000円

●チケットの価格は、前売/予約/当日共通です。
●予約当日精算→https://www.quartet-online.net/ticket/tomuraiexpo?m=0ijhabd
※ご予約の場合は弔EXPOデザインのチケットとなります
●倉垣演出の家公演はご予約のみの扱いです


【券種について】

●家公演・野外公演1演目のみをご観劇の方
 ⇒ご希望の公演を選択の上、ご予約を行ってください。
●野外1日通し(2演目)券をお求めの方
 ⇒各日19時の回の公演を選択し、券種の選択の際に「野外1日通し(2演目)券 」をお選びください
●野外公演3演目セット券をお求めの方
 ⇒「1回目に観る回の公演」をお選びいただき、券種の選択の際に「野外公演3演目セット券」をお選びください。

 



●弔 EXPO とは?

結成以来gekidanUが公演を重ねてきた野外劇場を中心に行う真夏の演劇の祭典。

2015年8月に「白昼夢」が外部団体として初めて、「弔EXPO‘15」として公演。
2016年にはgekidanU、白昼夢がそれぞれ1週間ずつ連続で公演をする形で、「弔EXPO’16」として開催。
2017年は、gekidanUの本公演及び、白昼夢の人気演目である「雲人間による紙芝居屋」を同日に開催。
南千住仲通り商店街納涼祭との同日開催も成功させた。
4年目となる2018年は、過去最大規模での演劇フェスとして開催。

詳細→http://gekidanu.com/tomurai18