“ねぇ、本当に忘れてしまって、良いのかな。
僕はね、忘れてほしくないんだ。”
2011年3月11日
その日を境に、人々の生き方は、大きく変化した。
当たり前の日常を奪われた人もいる。
大切なひとを亡くした人もいる。
だいすきな故郷に帰れなくなった人もいる。
でも、そんな出来事も、8年も経てば、
徐々に、徐々に、忘れ去られる。
当たり前の日常があるしあわせも、
たいせつなひとが傍にいるさいわいも、
だいすきな故郷に帰れるよろこびも、
毎日のように感じたり、思い出したりできなくてもいいから、
忘れないでほしいんだ。
そして、この日だけでもいいから、思い出してほしいんだ。
ひとと、生きている、しあわせを。


舞台芸術創造機関SAI 常盤美妃

栃木で演劇をつくるプロジェクト
2年振りの再演と再生となる舞台演劇

イト2014展示する演劇(東京)

-イトとは?-
台本を携帯したまま演技する演出を取り入れた作品。
2011年5月に初演。
以降数度の再演、2014年には東京/大阪それぞれの土地の俳優で上演
2017年は宇都宮春の演劇フェスティバルで上演。
その際もワークショップからキャストを選び、
独特の演出はそのままに、新しい手法で上演しました。
今回は三日間のWSを経て、最終日に上演する「ワークインプログレス版」
東京と栃木の俳優が共に集い
ひとつの舞台をつくり上げます。

イト2014変異する演劇(大阪)

環境破壊が進んだ未来。
学校も遊び場もインターネット上にある時代。
地域とのつながりは、かつての時代よりも強くなっていた。
とある団地。
一般的な家庭、ごく普通の両親に育てられた少年「ヒカル」は、
成績優秀ながら、反抗期と人生に対する絶望からゲームに傾倒していた。
天才ゲーマーと呼ばれ「光クラブ」の頂点に君臨するも、
物足りなさを覚える少年はある日
「セカイ」と名乗る少女に出会う。
2038年1月19日3時14分7秒
「世界が静止する日」
崩壊していく世界の中で、 繰り広げられる人間模様。
人と人の絆を描く青春群像劇。


常盤美妃
倉垣吉宏
渋谷翼

(以上、舞台芸術創造機関SAI)

大島朋恵(りくろあれ)
こもだまり(昭和精吾事務所)
三國谷花(PATCH-WORKS)
小林機械

阿久津奈愛
今井悠莉
小堀佳恵
奈良貴大
橋本栖実(ニノマルプロジェクト)
丸井裕也(ニノマルプロジェクト)
吉成容平(ニノマルプロジェクト)




2019年 3月10日(日) 17:00
※上演時間は約80分を予定
※受付・開場は30分前より


 

前売/予約 2,500円
学生割り  1,000円
当日    2,800円
※前売・・・前方エリア席 予約/学生割り・・・自由席

■販売窓口■
・前売/事前精算(passmarket)
※クレジットカードかコンビニ支払い(手数料有)がお選びいただけます。3/4(月)23:59締切
・予約/当日精算(カルテットオンライン)
※当日、会場にてお支払いいただきます。3/9(土)23:59締切


※入場は「前売券→予約」の順でご案内します。

※当日券は10分前より入場可能。
※学生割りは予約のみ、前売・当日は無し。

チケット発売2019年1月15日(火)19:00より受付開始

クラウドファンディング実施中
上演&ドキュメンタリーDVD製作プロジェクト


南宇都宮 悠日
〒320-0838栃木県宇都宮市吉野町1-7-10
東武宇都宮線「南宇都宮駅」より徒歩1分