■日時■
2011年1月29日(SAT)
19:00~日の出づるまで

■料金について■
何が起こるか解らない演劇部開演時間の19時~23時までは
入場料チャージ込み¥1500となります。

それ以降は通常のシステムとなっております。
何卒ご理解ください。

■場所■
Cafe&Bar Two-Face
東京都中野区中野5-48-9ベルコートビルB1F
TEL 03-3387-3277
http://id3.fm-p.jp/125/twoface666/

※会場の状態を把握しておきたい為、
出来るだけ予約をしてください。
来てくださる方は一言、
出演者に「行きます」とお伝え下されば助かります。
勿論、何の前触れもなく
ふらりとお越し頂いても構いません。

2011年1月29日(SAT)
中野gothic bar「Two-Face」B1地下室にて、19時より開校!!!

今年に入って全てが変わる!!!第1回目は見せ物対決だ!

■SAIのおはなし■

History of “KELOID”・・・。

2005,11/23、大阪梅田陸橋
2006,4/21~23、大阪城公園
2006,9/29.30-10/1 秋葉原現TX付近
2008,11/2,3 新宿motion
2011,1/29・・・・・・・・・・・・・・・・

夢を追う者、夢を捨てた者・・・
社会と現実の狭間に横たわる醜く腫れあがったケロイドを忘れてはいないか・・・
“禁忌”と“絆”をテーマに革新を続け、
“パンク演劇”と呼ばれたSAIの代表作。
病的メタモルフォーゼを繰り返した幻の路上演劇が、
密室実験公演として復活!!

「倉垣吉宏vsTETRA。」

異端の二者が結ぶ因果律・・・
一夜限りの青春狂騒劇が、毒々しく幕開く!!!

「舞台の上の、もがき続ける僕は誰だ・・・?!」

■ゴアゴアおはなし■

ある日突然ゾンビに支配されてしまって
血みどろ血まみれ阿鼻叫喚の地獄絵図と化してしまって
大変な『私立ゴアゴア学園』
今日も顔面蒼白のまま校内の地下にある秘密の密室から、
他の生徒達の探索を続けている3人の生徒達。

そして最近、
ゾンビ達が日に日に凶暴化しているという
不穏な情報を理科室で手に入れた…
その時、突然開いた理科室の後方扉!!!

光の中に大きな人影が見える。。

そこに現れたのは、敵か?味方か?謎の男子生徒…

「私は演劇部からの刺客!!倉垣!!倉垣吉宏である!!!」
■おはなしおしまい■

■生き残った生徒達■
◆放送委員◆
TETRA。

◆風紀委員◆
桜井咲黒

◆図書委員◆
モチヅキ マサル

★スペシャルゲスト★
「演劇部からの刺客」
倉垣吉宏(SAI)