■作:能登千春(兎団)
構成・演出:斉藤可南子(兎団)

 

■出演
倉垣吉宏(舞台芸術創造機関SAI)
立夏(獣の仕業)
手塚優希(獣の仕業)
斉藤可南子(兎団)
石黒礼子(兎団)
松尾武志(兎団)
柳橋龍(兎団)

■団体紹介

2006年設立、2007年旗揚げ。
年2回の本公演を中心に、教会でのチャリティー公演など、多岐にわたって活動中。
標榜しているのは「80年代小劇場の薫り」
あの熱っぽさ、猥雑さ、なんでもありの盛り沢山感、そういったものを継承しつつ
物語性を重視した作品を上演しています。

詳細→https://usagidan.amebaownd.com/

 

■上演作品

2018年5月24日 (木) ~2018年5月27日 (日)上演。
作品は今作用に一部編集を加えたものを上演予定。以下、公演当時の作品紹介より引用。

150年前の天才画家”アルトン・モーム”。彼は風景画家として一時代を築いたが、たった一枚、人物画を遺しているという。
かつて娼館だった幽霊屋敷、その主は屋敷の廊下を彷徨い続けるアルトン・モーム…
古今東西のお化けたちに彩られた、喪失のおはなし
また、本編上演前に、作品の原案となった歌芝居の短縮ver.を上演いたします。

 

■上演日程
1月25日(金) 20:00
※受付は30分前より開始。開場は当日の写真展開館時間と同じとなります。
※上演時間約60~70分程度を予定。

 

■会場
江古田兎亭B2 アトリエ・サードプレイズ
〒176-0002 東京都練馬区旭丘1-46-12 エイケツビルB2

■チケット
全てにスマホ撮影権+1ドリンク付き
2,500円
3,500円 (写ルンです付き、要予約)
※当日料金は別途500円

予約フォーム→https://www.quartet-online.net/ticket/brth01?m=0lafjjj
※備考欄にお目当て/応援キャスト・団体名を記入いただけますと強くなります。


【当公演に関する注意】
■当公演は写真展での企画上演です。通常の演劇公演とは異なる点がございます。
以下の注意点を御理解いただいた上、御参加下さい。
①全席自由席です。上演中の移動が可能となっております。
②上演中の写真撮影は自由です。
③電話・LINE等の着信音/通知はお切り下さい。シャッター音は問題ありません。※各団体上演前に再度音については説明があります。
④途中入場は可能ですが、15分以上の遅刻は入場をお断りいたします。
⑤展示写真には触れないように御注意下さい。
⑥撮影された写真をインターネット上に公開する際、他のお客様の顔が写っている写真は、加工した上で公開下さい。

 



写真展「かわのせかい展」特別企画上演

撮影する演劇
BRICOLAGE THEATER 『3X3』

 


カメとカッパ 写真展
『かわのせかい 展』
期間:2019年1月20日(日)~2月2日(土)
15:00-20:00
入場無料/木曜日定休

※最終入場は30分前
※下記日程のみ開館時間変更あり。

1/20(日)          18:30-23:00(OPENING PARTY有)
1/26(土)27(日) 10:00-18:00
2/2 (土)           10:00-14:00