路上劇でのノウハウをもとに
野生のエナジー溢れる野外劇に挑戦する
個性的な出演者を募集

2018年7月27~29日に、東京・南千住にて開催される屋外劇のフェス「弔EXPO’18」
野外劇であり市街劇としての側面もあるこのフェスに、SAIが参加。
今回路上劇を中心に活動していた頃の作品を、野外劇として新たに再構築するにあたり、作品を共に作る出演者を募集する。
応募対象は二項目。
明確なセリフがあるシングルキャスト。
野外劇への参加を希望するエキストラキャスト。
応募の幅を広く取っているのは近年のSAIの活動における「唯一無二の体験を通じて演劇を心身で楽しむ」ことを目的にしてのこと。

詳細をお読みの上、奮ってご応募下さい。

【シングルキャスト】
○採用枠:男性1~2名 女性1名
○条件:25才以上の男女・学生不可。/要・演技経験3年以上。/台詞と身体とを分けて考える・同調させることが出来ること。もしくは意識できること。/エンタメ・ミュージカル・殺陣経験者歓迎。
○参加費:なし。
○待遇:技術量・集客など含めて少量ながらギャランティ有。内容応相談。
○稽古期間:6月25日以降から約一か月。週2-3回予定。全体で約80時間程予定。(スケジュール応相談) 本番期間7/27-29迄のスケジュールを確保出来る方。

【エキストラキャスト】
○採用枠:応募状況次第。0人~大量。
○条件:17才以上の男女。経験値よりもやる気がある方。きちんと連絡が取れる人。何かやってみたいと思う情熱が自分を突き動かして応募してしまうような人、歓迎。※未成年は保護者の方の許可を貰ってから応募のこと。
○参加費:27才以上8000円 27才未満5000円
※近年の公演で「面倒くさくなった」等、以前よりも信じられない理由で降板する人が増えてきたので、今回は参加費を預からせていただくことにしました。終演後、特に事件・事故等なければ、お返しいたします。予めご了承下さい。
○稽古期間:6月25日以降から約一か月。週2-3回予定。週末のみの稽古参加歓迎。参加全体で最低30時間は必須(スケジュール応相談) 本番期間7/26-29迄の内、最低本番日含む2日はスケジュールを確保出来る方。

【共通】

○本番7月27-29日(1日1ステージ、18時のみ。)
○リハーサル等7月25,26日(時間調整中。)
○応募対象・・・野外での公演のため、通常の公演よりもイレギュラーな事態が発生いたします。イレギュラーな事態を楽しむことが出来る方。また極端に神経質な方はお断りいたしますのでご了承ください。
○オーディション参加費無料。
○オーデイション会場/稽古場→劇団アトリエ(東京都練馬区)豊島区内施設、公園などを予定。
○稽古予定・・・平日夜、土日昼/夜(分けての稽古も予定)※木金はお休みです。
○本番会場・・・南千住gekidanU野外劇場


【応募フォーム】

名前(フルネーム)

よみがな

生年月日

年齢

日中連絡のつく電話番号

メールアドレス(PCアドレス推奨)

住所

キャスト希望
①シングルキャスト希望②エキストラキャスト希望

オーディション参加希望日
①6月9日(土)昼 13:00~16:00②6月9日(土)夜 16:00~21:00③6月12日(火)昼 12:00~15:00④6月13(水)昼 12:00~15:00⑤参加可能な日がないので相談したい(備考欄に要望記入)

舞台・ダンス・音楽・レイヤー経験等パフォーマンス及びそれに準ずる経験があれば、ジャンルや過去の実績など

志望動機

備考

顔写真※5MB以内でJPGのみ。御注意下さい。


【野外劇上演作品】

弔EXPOに初参戦
パンク演劇と呼ばれたSAI初期のマスターピースが
11年の時を経て「野外劇」として復活。

「ROMANTIC+GROTESQUE」は2007年にSAI初の路上ロングラン公演で登場した作品。
活動初期の荒々しい作風、センセーショナルなテーマ、個性的なキャラクターが活躍し、現在の作風の基盤となった作品とも言える。
今作は2012年に再演・再構築した劇場版ではなく、脚本・構成の異なる初演版を基に再演。
三千七百五十六丁目四番地の生田望や、アルミニウムの悪魔タナトスに加え、劇場版からナナホシ等数名も登場。上演は7月27~29日の三日間。南千住gekidanU野外劇場にて上演。
チケットは6/24より発売予定。
また同イベントでは8/4の屋内公演にて倉垣が演出参加の作品上演もあり。

2012年版の詳細はこちら→http://stageguide.kuragaki-sai.com/guide/back-number/romanticgrotesque/