今週のSAIBARの予定です。
両日ともに21時からイベントを開催しますが、
BAR A STORYで開催中のマンタムミニ個展「あるべき夜の為のTARUHO式steam punk」最終週とあわせ、個展鑑賞にいらっしゃるお客様にも気軽にご参加いただきたく、予約不要のオープンイベントとなっております。


5/31(木)
■SAIらじ!!!公開収録
~DARK GRIMMの謎~
(収録は21:00~21:30予定。)
パーソナリティ:常盤美妃 倉垣吉宏 渋谷翼
【内容】
いよいよ情報公開となった新作「THE DARK SIDE GRIMM」
未だ謎多きこの作品と、ソロパフォーマンスに挑戦する常盤がその心境を告白。
渋谷翼の人気コーナーも健在です。


6/1(金)
■マンタムミニ個展「あるべき夜の為のTARUHO式steam punk」クローズドイベント
稲垣足穂幻想朗読【天体嗜好症】
(朗読は21:00~21:30予定。)
出演:舞台芸術創造機関SAI
【内容】
稲垣足穂の不思議な世界観を、声と光でつくりあげるこの一夜だけの特別な朗読。

【マンタム】
大阪出身。1975年に初の映像作品を制作。
以降、劇団結成や映画の制作と上映演劇活動等を続けるが、あらゆる活動を一旦終了させ、
84年頃より古道具屋修行に入る。
古道具屋を営む一方、2010年秋、芸術作家としての活動を本格的に開始。
個展、企画展等の美術や空間構成等も手がける。
チェコの芸術家でありアニメーション作家のヤン・シュバンクマイエルとは、
彼が来日のたび、マンタムを訪ねる程の仲でもある。

【稲垣足穂】
大正から昭和後期にかけて、
抽象志向と飛行願望、メカニズム愛好、エロティシズム、
天体とオブジェなどをモチーフにした数々の作品を発表した。
代表作は『一千一秒物語』、『少年愛の美学』など。

 


-BARのシステム-
●通常営業時●
入場料500円+1オーダー~

-場所と時間-
●営業時間●

OPEN18:00
CLOSE23:00
※すべてのラストオーダーは22:30です。お食事はなくなり次第終了です。

●場所●
BAR A STORY TOKYO
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-6大西ビル505