声と光と影、ピアノの旋律がダークで退廃的な世界観を美しく描き出すー。
いよいよ来週に迫ったKaya朗読劇『SALOME』

劇中には王女サロメや預言者ヨカナーン以外にも、ヘロデ王をはじめ多数の人物が登場する。
それらの人物を演じる追加キャストが本日発表された。
今回登場する3名は、脚本・演出を担当する倉垣吉宏。そして声優の星祐樹。『箱男からの思想』にも出演した吉田瑞樹の3名。
ギリシャ劇のコロスをヒントにした「男声重唱」という演出のため、低音の強い男性キャストにより編成。
Kayaと麻宮チヒロの声と、大きく差別化を図り、耳福を求めた作品を追求する。

 


Kaya朗読劇『SALOME』
日程:2018年4月12日(木)13日(金)
会場:吉祥寺スターパインズカフェ
出演:Kaya / 麻宮チヒロ / 倉垣吉宏 / 星祐樹 / 吉田瑞樹 
声の出演:篠井英介(特別ゲスト)
原作:オスカー・ワイルド
脚本:倉垣吉宏
演出:Kaya / 倉垣吉宏
伴奏:鴇田望
開場:19:30
開演:20:00
前売:¥4,000(Dr代別)
当日:¥4,500(Dr代別)
イープラスチケット
http://sp.eplus.jp/sys/T1U14P002255011P0050001