退廃と耽美の朗読劇。

Kayaが送る退廃と耽美の朗読劇。
今回の題材はオスカー・ワイルドのサロメ。
ヨカナーン役に麻宮チヒロ
脚本に倉垣吉宏(舞台芸術創造機関SAI)、
そして特別ゲスト篠井英介(声のみの出演)を迎え、
二夜連続で開催。

 

朗読劇『SALOME』

原作:オスカー・ワイルド
脚本:倉垣吉宏
演出:Kaya / 倉垣吉宏

 

◆出演◆

Kaya /王女サロメ

 


麻宮チヒロ /予言者ヨカナーン


倉垣吉宏

星祐樹

吉田瑞樹

◆声の出演◆


篠井英介(特別ゲスト)

 

◆伴奏◆
鴇田望

 

◆日程◆
2018年4月12日(木)13日(金)
開場:19:30
開演:20:00

◆会場◆
吉祥寺スターパインズカフェ
〒180-0004 武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1
TEL:0422-23-2251

◆チケット◆
前売:¥4,000(ドリンク代別)
当日:¥4,500(ドリンク代別)
プレイガイド:オフィシャル通信販売KFS(http://traumerei.theshop.jp/)、イープラス(http://eplus.jp/sys/T1U14P002255011P0050001)
お問い合わせ :吉祥寺スターパインズカフェ TEL:0422-23-2251

発売日:2018年3月11日(日)10:00〜
※オフィシャル通信販売KFSは前日10日22:00より開始(販売時間まで表示されません)
入場順:1.オフィシャル通信販売KFS 2.イープラス 3.当日券

お問い合わせ :吉祥寺スターパインズカフェ TEL:0422-23-2251

 

【アーティスト紹介】

Kaya(カヤ)
性別やジャンルの壁を、歌とドレスであざやかに飛び越えるソロシンガー。
徳島での活動を経て1999年上京。2002年、MALICE MIZERのManaの
プロデュースによりユニット『Schwarz Stein』ボーカルとして活動を開始。
2006年よりソロを開始、2008年シングル「ショコラ」でメジャーデビュー。
耽美な歌詞とダンスミュージックを融合させた楽曲で独自の世界観を確立、
アメリカ、南米、ヨーロッパなど海外公演も多数開催。2011年より3年連続
ブラジル最大のジャパンフェス「AnimeFriends」メインゲストとして出演。
2011年、2012年に2年連続で開催したメキシコでのワンマンは即日完売。
2016年よりテレビ出演(NHK総合『バナナ♪ゼロミュージック』、
テレビ朝日『関ジャム』、日本テレビ『Zip!』など)や、FM徳島第二木曜日
レギュラーパーソナリティーなど、活動の幅を広げている。
シャンソン歌手としても活動。プロデューサーを務める『新春シャンソン
ショウ』は大槻ケンヂ、ROLLYなど個性的な歌手を毎年ゲストに迎え開催、
人気を博している。
2017年に銀座・十誡にて開催された幻想怪奇朗読会にて
泉鏡花の『外科室』で麻宮チヒロと共演。